去年と今年、サンサーフでは
葛飾北斎の有名な作品をモチーフに
したアロハシャツを販売していますね。
実に日本の文化が投影された美しいアロハ
シャツです。


OH! BEAUTIFULデスネ。


ええ実は私、北斎の浮世絵はかなり好きで、
毎年1回は両国にある北斎美術館へ
欠かさず通っておりますよ。
確か東洋エンタープライズも近くに
あるんですよね。

北斎に限らずですが、浮世絵の色が好きです。
着物を着た女性の浮世絵はとても
色合い華やかで御洒落であります。


北斎作品の中でも好きなのは「山下白雨」が好きです。
黒々とした富士山の麓に光る稲妻が
何とも言えないですね。
今回のサンサーフでもついに販売されました。
アロハファンも気になる一品でしょう。
なんとなくですけど、「神奈川沖浪裏」や「凱風快晴」に次ぐ
ナンバー3に甘んじてる感がありますが、
「山下白雨」が本命です。


北斎の富嶽36景は
色だけでなく構図も不思議な感じを通り越して、
不気味さすら感じます。ずっと眺めていると、
江戸時代の人が何を思って
このような大胆な構図にしたのか、何か隠れたメッセージ
でもあるのではないかとさえ思えてきます。


OH、MYSTERIOUSデスネ。


はい、浮世絵をモチーフとしたアロハは
とても魅力的なアロハだと思います。



but(だが)、

私はこうした素晴らしい浮世絵を

服として身に纏うという気分にはなりません。



浮世絵は鑑賞して楽しむのがいいんです。


なので、サンサーフの北斎シリーズはまったく
購入意欲は湧きませんね。





そもそもこの手のアロハって安いメーカーでも
売ってそうじゃん!




って買いそうになってる人の近くで
でかい声で言いてぇww



観光で来る外人さん向けという感じがしてますね(´・ω・`)